スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    • 2013.05.13 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    移転しました

    0
       pixiblogからJUGEMBLOGに移転しました。

      今後はこちらからボチボチ書き込めたらいいなと思ってます。



      現在アクロの制作はSTOPしております。
      ヘッドの形が気に入らなくなってきたり、ケモノ体型に飽きてきた為とでも言いましょうか・・・。
      なんといいますか・・・皆おんなじ形なので(厳密に言えば違うけどさ!)
      なんか新しいもの作れないかなーと試案中です。





      部屋の汚さやオタっぷりがモロバレルな1枚



      果てしなく場所を取りやがる 新聞紙ガムテ素体に

      親からは「気持ち悪いから早く捨てろks」と大好評でして・・・えぇ・・・。(´・ω・`)ワーイ


      【着ぐるみ】おまけ彡^・∋

      0
        取り急ぎ過ぎて写真全然撮ってませんが、アンコ作り直したりして
        一応出せる状態にはしました。

        正直、私の製作物の中でアンコほど適当に作ってるものないので
        見せるの心苦しいっていうかなんていうか

        っていうかね、以前出しましたこれ



        を4つストレッチ生地から切り抜いて袋状に縫い付けて綿入れて終わりなので
        書けることも言う事も特にないんです。




        おまけ



        無口作りました。

        犬で言うところの首輪みたいなもんだと思って頂ければ。



        ウイッグつけて確認だけしました。

        調節も出来るので問題はなさそうです。




        さて、KEMOCONまであと1週間

        ココまで事前に迫ってから 仕事忙しくて獣化出来ないかもしれないって状態になってます。

        会場に行くには行くんですが、おそらく途中で抜けて仕事して戻ってくる感じに・・・

        金曜日までに仕事が終われば話は別なんですが、さてどうなるか・・・

        状況と体調によっては持っていくだけ持っていって出さないかも知れません。




        出ても短時間の召喚になるかと思いますが

        見つけたときはどうぞよろしくお願いします。









        【着ぐるみ】馬の足製作その3

        0
          更新するほど内容詰ってないのですが


          前回


          足先作ったので
          今回からモモのあたり。ケモ足のところですね。




          一度紙にこうしたいっていうのを書いておくといいです。
          夢見ないで現実と戦って書いたほうがいいです。失敗します。



          ちなみに




          ※肩幅や細腰に夢が詰ってます。




          自分の体系を見つめなおす寂しい戦いをしてください。


          但馬自身、お世辞にも痩せてるとは言えないので(ってかデブよ。私はぽっちゃりじゃない)
          中身の厚さも考慮にいれて製作します。




          懐かしい絵を出しました。この絵は自分の体系をトレースして書いてます。







          いつもどおりガムテで型とって厚紙に書き写し、コレを生地に当てて裁断します。





          切ってある程度縫った生地です。

          短い青、長い青、長い白 という順に繋いでます。

          足先の毛が長い設定なので、中間に縫った長い青生地の毛を
          今後バリカンで処理していきます。




          処理って言うと現実感あるね。

          KEMOCONまでに間に合いそう。 
          タテガミと尻尾はウイッグのままでいこうかと思います。



          【着ぐるみ】馬の足製作その2

          0
            リメイクするお話。


            まずは眼。

            今までの眼がどうしても曇るので、眼をアルミパンチに変更します。




            イラストレーターってソフトを使ってアニメ的に描いて紙に印刷

            A-ONEの 品番28802 使ってます。アクロのと一緒のヤツです。





            切り取って1mm穴のアルミパンチに貼り付け、
            その上から透明保護フィルム貼ります。(この印刷紙にセットで入ってます。)
            そこからまた地獄の穴あけ作業。
            利き手が痺れ、意識が遠のく ドMちゃん歓喜の作業。


            穴の数だけ愛詰ってんだよ!!





            開け終わりました。
            意外と目立たない上、綺麗じゃない?あ、そんなことない。はいすいません。
            調子こきました。




            まぁこれを眼にくっ付けて終わり。


            正面

            ウィッグつけてないと馬に見えるか怪しいところですね


            ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆




            前回途中までやっていた足の作業








            前回取った型を使って生地切って縫います。



            縫い終わった蹄部分と足を




            合体(グルーガンで)


            しかしこのままだと





            歩いてるうちにボロンと脱げちゃうんですよね


            なので、もう一工夫







            この内側に綿詰めます、
            直に詰めるとファスナー降ろしたときに綿が散らばって邪魔なので





            こんな感じに伸縮性のある生地使います
            (部屋汚くて申し訳ない。)







            巾着袋作る気持ちで縫います。




            これをさっきの足の内側に入れ、ファスナー側面に縫い付けます。



            人の目に触れないところだからと手抜いてるのバレますね。
            この辺縫い方雑です。





            上部分は縫わずに



            足と巾着の間に綿詰めます








            上部縫い付けて完成です。













            手と足の比較↓





            (両方側面です)

            平置きだとホント伝わらないっすねwwwwww


            左が手の部分、デフォルメ的に製作
            右が足の部分、リアル寄りデフォルメ的に製作



            もっと毛が短いと目立つんですけどねwwwwwww



            踵を持ち上げたような足の製作を目指している方のチラ裏のメモくらいになれば幸いです。



            今回ココまで




            【着ぐるみ】馬の足製作その1

            0
              どうもお久しぶりです。

              友人の間で死亡説が流れた但馬です。
              (携帯便所にドボンして連絡帳が消滅したりしてました)


              なんだか急に仕事が忙しくなったり、ヤケクソついでに新宿に飲みに行ったり、
              母馬がハロウィンライブに行くらしく、その衣装作ってたり 

              自分の製作全然進んでませんでした。ワーォ






              検索でヘッドの作り方とかマジで探したりしてる人ごめんね!!
              でも大丈夫だよ!LINKから飛べばもっとちゃんとした人のトコ行けるからね!!


              さて、KEMOCONが近づいてきましたね。
              前年同様 今回も馬連れて行こうかと考えているので
              見苦しいところは整形しちゃおうねぇえええええ! と


              ちょっと箇条書きで直したいところ上げると
              ・蹄部分(歩きにくいよ)
              ・太もも辺り(形が悪いよ)
              ・出来ればタテガミ部分(頭思いからウイッグからファーにしたいよ)
              ・眼(曇るし、視界悪いよ)

              最低限この辺り直せればいいな と考えてます。
              さて、出来るのだろうか・・・



              今回は馬の蹄に関して



              □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□

              【蹄の話】

              もう5年くらいボチボチ蹄作ったりしてるんですが、
              これだぁぁぁ!っていうのに行きつけていない自分が居ます。

              いやぁ・・・ね・・・・変な拘りが出たりとかめんどくさいんですよ(自分自身が

              あともう歩きづらかったり、重かったり 日々精進しないとダメですね。難しい。








              現在放送されているマイリトルポニーだと、こんな感じのデフォルメ具合なんですが
              (マイリトルポニー可愛いよね。アップルジャックとレインボーダッシュとビックマッキントッシュが好きです)


              で、現実だと


              まぁ だいたいこんな感じになるんですね

              見ていただきたいのは 脚の辺り。関節ですね



              ここですね。実際るりの写真とってもあまり気づいてもらえないのですが、
              前足(人の手部分)は左のデフォルメ、後足(人の足部分)は右のリアル寄りで作っています。


              今回は後ろ足の製作ですので、リアル寄り作ります。
              (お外用と室内用2コ作ってます。)

              まず室内用


              材料

              ・ウレタン(厚さ2cmくらい)
              ・ゴム板(厚さ2cmくらい)
              ・スリッパ(100均ありがとう)
              ・グルーガン(心の友)
              ・厚紙





              まず、厚紙に自分の足を置いて目安線描きます。
               これより大きく蹄を描きます。

              あとで分かりやすい写真載せますが、カカト上げて履くことを想定しているので
              指から土踏まず辺りまでを目安で使用します。




              自分で切ったりして確認した方が早いのですが、
              蹄の底の部分はこんな感じ
              見える部分の蹄はこんな形の雛形が出来るはずです。
              (角度とかは好みだから 好きにすればいいと思うの)

              雛形が出来たら,鬟乾猗弔謀てて切断
              △鬟Ε譽織鵑謀てて切断
              ついでにスリッパも半分に切断します。




              そうするとまぁこんな感じの材料が



              これらをグルーガンで接着します。







              こんなんなりました。

              先ほど切り出した△凌形を生地に当てて切断しておきます。




              生地はフリース使ってます。(ぬいぐるみっぽくしたかったのよね)

              蹄の底はもう何も手つけません。 ゴム板なので室内ではまず滑ったりしません。
              生地部分もグルーガンで接着します。




              ちょっとはいてみるとこんな感じですね。



              おなじみのガムテグルグル巻きで型とっていきます。




              脱皮するとこう ですね。

              次回生地の切り出しです。

              ○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○○●○●○●○●○




              今回はココまで











              【着ぐるみ】8回目

              0
                写真全力で取り忘れました





                【角】
                先日UPした写真の紺っぽい生地を切って縫いました。




                【口内】
                写真だとマチ針で仮止めしてるんですが、こちらも縫いました。






                【足裏の肉球】

                前回やっていたコレ


                ・・・が失敗した時の予備で



                普通に肉球作っておきました。

                液体ゴムの硬度、触らないと分かりませんし
                予想通りでしたが、なかなか液体ゴムが硬化しないので・・・
                予備ですね。

                モデナソフト使っています。2個。
                ちょっと余ったので予備の肉球1個と爪も作りました。

                モデナソフトも硬化に時間がかかるのですが、
                硬化後の硬さはちゃんとしているので、仕様。
                あと普通のモデナ使うより 軽いんですよ。
                足重いと長時間歩くのだるいですからね・・・まぁ

                この形の肉球を足の裏につけたとき、
                安定感が無ければどの道長時間歩けないんですけどね!

                中途半端に見える黒い汚れはマジックです。
                硬化した後、液体ゴム塗る予定なのでこの程度の汚れ気にしない。
                ・・・さてどうなるか



                【着ぐるみ】7回目

                0
                  買って来ました。

                  画像 381

                  コピック用のエアブラシセット ¥2000くらい
                  綿素材のロープ(白) 黒なんて無かった 80cmで¥600くらい
                  液体ゴム(黒)2個 一つ¥1300くらい





                  画像 385

                  左から
                  濃灰紺の伸縮性のある生地(角)
                  薄紫の伸縮性のある生地(ヒレ)
                  黒の伸縮性のある生地(肉球、口内、ヒレの支柱)
                  若草色っぽい伸縮性のある生地(尻尾用)

                  全部で¥3000くらい


                  そんな感じで買ってきました。
                  時間的に無理だったので100均諦めました。
                  後日行きます。


                  ━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


                  【足の肉球】
                  さて、石膏が固まったので
                  画像 382


                  液体ゴム使ってみます。

                  画像 383

                  ある程度乾いてから ひたひたになるまで流し込みました。
                  水で薄めても仕様可能なようですが、原液そのまま使ってます。
                  (流し込んだ後写真撮り忘れました)

                  また乾燥待ちです。 最近待たされてばかりですね。(笑



                  さて、乾燥までの間暇なので 今回の製作で使うのか分かりませんが


                  画像 384

                  生地切り取ったときに余ったファーでエアブラシ試してみました。

                  難しい。すごく難しい。


                  これ練習必要ですね。エア無くなりそうですが、失敗したくもないので
                  エア缶1つ使い果たすまで練習してみようかと思います。






                  □■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□

                  さて、ちょっと話が反れるのですが




                  正面から見たらすっげー寄り目だった。



                  下からのアングルも なんだかな・・
                  まぁ口がはめただけで歪んでるのもあるんですが




                  斜め上から見るとそうでもないんですがね。

                  奇跡の写真ってこうやって産み出されていくんだなって思った


                  なんていうか自分の絵の弱点を3次元で見つけてガッカリっていうか



                  馬なんだよな。 なんていうか 目の角度が


                  ggって蛇の写真とか、トカゲの写真見たんだけどなぁ

                  一度眼を取り外すことになると思います。

                  アルミパンチ湾曲させて、眼が少し飛び出している感じにしてみましょうか。
                  やり方に関してもちょっと考えておきます。





                  課題しか残らないですね。 ('A`|||)





                  とりあえず、生地はあるので
                  足の肉球の経過を見つつ、手とか作っていきたいです。

                  顔がやっぱり一番難しいね。
                  時点で獣足部分

                  今回色々やろうと思っているからこそ、



                  手が一番楽できる部分ですね。
                  灰色一色だし、肉球縫って、爪縫うだけだし、裏地つけて綿入れるだけだし。


                  だけって言うほど作業工程少ない訳じゃないんですが


                  正直一番楽です。 いやいや本当に。






                  【着ぐるみ】6回目

                  0
                    【角の型取り】



                    家で余ってる粘土使いました。
                    白いのが紙粘土、茶色いのは「もくねさん」っていう木の粘土です。
                    この もくねさん¥300円くらいで買えます。
                    完全に硬化するとモデナソフトと同じくらいの軽さになるんですが・・・
                    伝わんねぇなぁ・・・うーん・・・紙粘土よりちょっと重いくらいっすかね。
                    ヤスリで削れます。ただ、ひび割れ凄い。

                    使い道を考えれば使える子だと思う。
                    (るりの蹄作ろうと思って買ったヤツの余り使ってます)


                    まぁ



                    結局横幅がイメージと違ったので 100均紙粘土で盛りました。
                    もくねさん使用用途が消えていく悲しい写真




                    余りだから! いいよね! 気にしない!!










                    完全に見切れてしまいましたが、乾燥後位置とか大きさとか最終調整してます。







                    いい感じに乾燥できたらラップでぐるぐる巻き



                    で、ガムテぐるぐる巻き






                    これをバラして角の型にします。形が卑猥に見えるのは気のせい




                    角の生地がないので角は一旦〆




                    【足の製作に向けてちょこちょこやってく】


                    海外の着ぐるみって足の裏にちゃんと肉球ついてるの結構いるんですよね。

                    日本だと少ないのでこの変ちょっと頑張ってみます。




                    近所のディスカウントショップで500円でした。
                    ムートンブーツにしては安いんじゃないでしょうか。

                    本当にコレ使うかはまだ思案中ですが、とりまコレで考えてみます。





                    ムートンブーツの底 つま先立ちで使う辺りに切り込み入れます。

                    説明難しいんですがうーん・・・

                    このつま先部分にウレタンで指の肉盛って、底に肉球つけて 
                    つま先で立ったときに綺麗に見せたいから 切り込みいれました。


                    今後ウレタン盛ったりすれば分かりやすくなるかな・・・





                    さて、その足の裏の肉球なんですが





                    昔ゲームセンターで1個だけ取った猫の手の肉球剥ぎ取って使います。
                    これで型取ります。





                    とりあえず石膏で型取ってみる。




                    3分クッキングの気分です・・・・

                    ボールに水入れて(水とか目分量で)
                    あんまり水入れすぎてシャバシャバしてると乾くの遅くなります。




                    はいドーン




                    角が立つほどではありませんが、まぁこんなもんで





                    肉球が入ってた器に注ぎ込みます。


                    今現在この石膏の硬化待ちしてます。



                    どうしたいのか絵で描いてみた




                    ※極力つま先の中心に肉球をよせる。
                    (端にしすぎると歩く時辛い。)

                    ※基本的にウレタン盛るのはつま先部のみ


                    石膏に時下にゴム液入れるのは 硬化時間どうなるんだろうか、
                    剥離剤がないと駄目なんだろうか、
                    一応シリコンでも型とっておいてみましょうか。 チャレンジだー(^p^)気が遠くなるよ







                    これ私自身も初チャレンジなので、どうなるか分かりませんが、
                    硬化したら一度薄めに液体ゴムを塗って、その後同じ液体ゴム注ぎ込んでみようかな、と。


                    人の体重が掛かったときにウレタンだと相当沈んじゃいますし・・・良い材料にめぐり合いたい。



                    候補の液体ゴム http://item.rakuten.co.jp/brico/10004875/#10004875



                    材料買わないと先に進まなくなってきました。
                    来週3連休が2回あるので、その間に買出し行きたいですね



                    【着ぐるみ】5回目

                    0
                      前回のこの状態から



                      縫い進めて




                      顔縫い終わりました。

                      この間に関して特に言う事無いんですよ。

                      もうホント縫ってるだけなので・・・

                      あとちょっと鼻先の毛切りました。




                      自分でもコレの正式名称が思いつかないのですが、コレ作ります。
                      なんだこれ・・・耳でも角でもないです。飾り毛みたいなもんとしか言いようがない。

                      今後飾り毛って呼びます。





                      耳と同様に生地切って縫いました。
                      何も入れないと垂れてしまうので、中に薄めのライオンボード入れます。


                      で、この飾り毛と


                      前回作った耳




                      を縫い付けて








                      (これ子供見たらピカ○ュウとか言われる気がしてならない)





                      上から見たらキリンだった。

                      完全に耳のでかいキリンです。本当に有難う御座いました。




                      あと角と髪でヘッドは完成ですね。

                      角の材質どうしようか迷ってます。
                      生地でもいいんだけど、ライオンボードで組み立ててもいい。
                      どの道中に綿か何か詰めないと形保てませんね。


                      髪は来月に持ち越し。
                      給料が入ったらウイッグ見に行ってきます。
                      その時に尻尾の材料や、脇のトコのヒレの材料も探せたらいいな と。
                      100均一とトマトかオカダヤの往復になりそうです。



                      【着ぐるみ】4回目

                      0



                        前回から続きです。
                        半分取ったこのガムテを型として使います。



                        毛の向きに注意して切り取り線書いていきます。
                        赤マジック使ってますが、裏に沁みたりはしませんよ。



                        生地切り取るときに凄く役に立つ安全刃のない剃刀です。
                        100均一で売ってます。個人的にですが、カッター使うより楽に切れます。
                        お勧めですが、取り扱いには注意。 気を抜くと血出ます。




                        生地切ったものを上に乗っけて試してみたり




                        切った生地全部待ち針で止めてみました。






                        切った生地を縫い合わせていきます。

                        コレは額から鼻先にかけての生地ですね。




                        縫った後ヘッドにあわせた時の様子を見るために

                        一度鼻先の毛を切りました。




                        今後もう少し整えると思うのですが、現段階で鼻先の毛の長さはこのくらい






                        額は元々の生地の長さですが、 こんなもんです。






                        もう一回乗せてみました。

                        もじゃもじゃっぷりが抑えられたんじゃないでしょうか。



                        【目の製作】

                        ちょっと目が無いとよく分からなくなってきたので、
                        目の製作に戻ります。



                        前回のこの状態から




                        この白いのはライオンボードです。
                        今は名前変わっちゃったんですよね。忘れましたが・・・

                        正式名称なんだったかな・・・

                        まぁこれを細長く棒状に切ります。



                        それを目の周りにグルーガンで接着して 黒マジックで上部を塗ります。




                        はめました。

                        この後ちゃんと接着します。




                        縫い終わっているところまで 現状こんな感じですね。
                        まだまだもじゃもじゃしているので、
                        もっと鼻先の毛を切ることになると思います。



                        【耳の製作】





                        ちょっと見切れちゃってますが、
                        ウレタンに1.6mm厚の針金を通してます。
                        ある程度形が変えられるようにしたかったのでこうしてます。




                        顔の時と同様に生地を切り縫っていきます。





                        縫えました。 ウレタンの先の尖った部分が少し邪魔だったので切ってます。





                        こうやって被せて





                        テーレッテレー








                        針金で内側に少し巻いて完成です。

                        針金の先の部分が危ないので、
                        ヘッドにくっつけるときにはビニールテープでグルグル巻きにします。



                        とりあえず、今回はココまで








                        PR